小鼻縮小はバレないのか


美容外科での小鼻縮小術とは?
鼻へのコンプレックス、多くの人が感じていることではないでしょうか。
目や口などにコンプレックスを抱えている人も結構いるのですが、化粧でなんとかごまかしが効きます。
しかし、鼻のごまかしってなかなか大変です。
そんな人達は、今、鼻の整形をするという人が増えています。
痛みが無く、メスで切らないという小鼻縮小術もありますが、ほとんどの美容外科が行うのは、小鼻の外側を切除して縮めるという方法が多いです。
この場合ですと、切除して部分を糸で引き寄せるといった状態になるので、糸が残り数日後には抜糸が必要となります。

小鼻縮小術はバレない?
小鼻縮小術をしたいけど、人にすぐにバレたらどうしようって考える人もいるでしょう。
術後すぐは、糸が残りますので、至近距離で見るとわかるかもしれないという程度です。
術後は、風邪気味ということでマスクをしておけば大丈夫ではないでしょうか。
そして、抜糸後ですが、結構気づかれないという人が多いのです。
自分では、鼻の形に凄くコンプレックスを持っていても、人からすれば、そんなに気にしていないのです。
小鼻が狭くなったというのは、自分で鏡を見たらわかるのですが、人は目を結構見ているので、ほとんどの場合わかりません。
でも、家族、彼氏など、身近な人が見たらわかるかもしれないでしょう。
施術をする時は、身近な人には、伝えておくほうがいいかもしれませんね。

小鼻縮小についてさらに詳しく見る